housefrigger.blog43.fc2.com  


スポンサーサイト [スポンサー広告]

--.--.-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ▲ Pagetop

響く都 紀行 【5】 [PHOTO]

2007.11.15 Thu 18:51


there's a place


free as a bird


from us to you


now and then


magical mystery tour


ご無沙汰クリック


スポンサーサイト

Trackback[0] Comment[4] ▲ Pagetop

パパの歌 [雑記]

2007.10.09 Tue 22:46

最近実家に帰っていません。
私が棲息するのは京都の中京区というところで、実家は宇治(茶)です。道のりにして約15キロくらいでしょうか。ちょっと頑張ればチャリンコでも行けるような距離なのに、1年以上も帰っていません。

親父さんやお姉ちゃん、最近どないしてんねんろなーと思うことはあるものの、しょうもない日々のしょうもない生活に追われ、なかなか帰る切欠がありません。
そんな折、なーんとなく父親の名前をネット検索してみました。それになんの意味があんねんと思いながら。そして見つけました。

盲腸線紀行盲腸線紀行
(2006/08)
村上 義晃

商品詳細を見る

我が父、退職してからいつの間にやら本なんぞ出版しとったのです。同姓同名の別人かと思いつつ、いろいろ見ていってもどう考えても僕のとうさんなわけで。
ええー電車好きやったんかー全然知らんかったー写真も好きやったんかー全然知らんかったー、と全く未知の父の姿を垣間見、言葉では言い表せない、でも複雑でもない独特で涼やかな気分になりました。

「お父さんはみんな昔ワルだった」とは、若かりし頃のほんのちょいとした武勇伝を語るベタな父親像を表現した、(多分)糸井重里のなんかのコピー(曖昧)ですが、少なくとも私の父はそうではありません。思えば、私は彼の歩んできた半生のこともほとんど聞いたことがありません。

いつも本を読んでいて、いつも真面目で、いつもいつでも優しくて、ちょっと男前で、そして寡黙だった父。言葉じゃなくても伝えられる、教えてもらえることはあるものです。

とかほざきながらまだ一切読んでいないわけですが。

Trackback[0] Comment[4] ▲ Pagetop

おっはー [会議室]

2007.10.03 Wed 21:56

どうも、HOUSEFRIGGERの良心、山村ヤス夫です。
何の意味も愛着もないこのハンドルネーム、そんな名乗りだったことを完璧に忘れておりました。何しろ4ヶ月ほども無更新だったもんで。

この4ヶ月の間にわたくしは、毎年恒例の一人ぼっちの誕生日を迎え、30ファイブとなりました。本格的な人生の後半戦に突入です。サッカー選手でいえば、ジダン、リバウド、フィーゴ、ネドベドとタメ年の、バロンドールでゴールデンエイジな私。栄光の天文学的な格差にのけぞります。



さらにここ半年ほどは、HOUSEFRIGGER本体の動画更新もご無沙汰の音沙汰であり、サイトはほぼ死に体の状態です。
おいニョロニョロ(HFのエディター・宅ちゃんの蔑称)、貴様一体なにしとんねん。撮りためた映像群が褪せて使えんようになってしまうやないか。まあそもそも使えるようなしろもんなどなかったわけですけども。

しかし実際、東京でスケとラヴ溢れる生活を送りながら仕事に勤しむ宅ちゃんと、地元の京都に篭もりながら手淫に耽るチョンガーニートな我々の、あらゆる意味での果てなき距離感では、新作撮影はおろか打ち合わせすらままなりません。
我らハウスフリッガーズ、このままフェイドアウトしてしまうのでしょうか。うひょひょー

本日の季節外れ:とうもろこしは収穫後、急速に甘味が失われていくので出来るだけ早くいただいちゃいましょう!

Trackback[0] Comment[0] ▲ Pagetop

Synchronized Surfing [人妖・人足]

2007.06.13 Wed 17:49

久方ぶりの日記更新で唐突ですが、シンクロニシティという言葉があります。その昔、POLICEのアルバムタイトルにもなっていました。

シンクロニシティ(英語:Synchronicity)とは、事象(出来事)の生起を決定する法則原理として、従来知られていた「因果性」とは異なる原理として、カール・ユングによって提唱された概念である。共時性(きょうじせい)とも言う。
何か二つの事象が、「意味・イメージ」において「類似性・近接性」を備える時、このような二つの事象が、時空間の秩序で規定されているこの世界の中で、従来の因果性では、何の関係も持たない場合でも、随伴して現象・生起する場合、これを、シンクロニシティの作用と見做す。

出典:フリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)

だそうです。早い話が「単なる偶然」の一言で片付けられないほどのものすげー偶然のことでしょうか。大雑把過ぎですけど多分そんな感じ。

ところで我々HOUSEFRIGGERSは、それぞれがシンクロニシティに一家言ありまして、宅ちゃんは全く信じない派、つまり「偶然はあくまでも偶然であって意味なんてどこにもないんだよ、そんなん0%だよバッカじゃないの?」と断言する、面白味の欠片もないリアリストです。
ちなみにこの男、霊魂やUFO、UMAの存在にしろ神仏にしろ姓名判断にしろ都市伝説にしろマイナスイオンにしろ、曖昧なものの一切を信用しません。全てはプラズマです。

一方のチャイロイさんはというと、ほんのちょいとしたしょうもない偶然にも無理から意味を見出してふむふむと一人納得して悦に入る、軽くヤバめなまでのシンクロ大好き君で、それどころか、あらゆる行動の決定を占いや夢などに委ねてしまうほどのオカルト原理主義者です。

改めて思うと2人とも極端過ぎます。私はその辺はニュートラルな普通人なんですが、実は昨晩、けっこうなシンクロニシティに襲われました。
......Read more

Trackback[0] Comment[3] ▲ Pagetop

ぺろりんちょ [雑記]

2007.05.09 Wed 21:57

いやー書かなかったらとことん書かなくなるもんですね、結局4月の新規エントリはなしよでございました。しばらく更新しなかったことによって、ただでさえ少ない訪問者数がさらに減ってしまったようです。
いつの間にやら季節はすっかり新緑眩しい初夏です。みなさま、いかがお過ごしでしょうかーとかゆうてみたとこで、全ては虚しき独り言なわけです。最高です。

とゆうことで、こないだ久々にアクセス解析なるものをやってみました。なんだかんだ言って、どんなもんの人がここを訪れてるのかが気になってしょうがないんですね、ほんっと小さい男ですね。
なんてぐずぐずゆうておりますが、ここ、fc2のアクセス解析では、検索エンジンからやってきた人のその検索ワードも知ることができます。そしてその大半は「HOUSE FRIGGER」だったりします。
いやいやーHOUSE FRIGGERもそれなりに認知されてきたんじゃのうなんて、やっすいメジャー感に悦に入っていると、その検索ワードの中に「ぺろんちょ」と「ホモ」という、どうしようもない単語の複数語検索でここにおいでになった方がいらっしゃいました。アッー!
しかしなんでそんなキーワードでわしとこがヒットすんねんと思い、実際にググってみたところ、見事にセカンドヒットだったりして。

しかし、ぺろんちょ&ホモという2語で、ネットジプシーの彼(野郎と断定)は一体何を知りたくて一体どこに辿り着きたかったのでしょうか。もう気になって気になって、この夜はぐっすりと眠れました。


夏の使者








Trackback[0] Comment[0] ▲ Pagetop

Skin:Babyish
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。