housefrigger.blog43.fc2.com  


スポンサーサイト [スポンサー広告]

--.--.-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ▲ Pagetop

名京銀輪稼働・まとめ [あの日あの時]

2006.11.15 Wed 23:29

ニートトライブ・HOUSE FRIGGERが胎動を開始する発端ともなった、名京銀輪稼働シリーズ、ようやくめでたく終結と相成りました。しかしこの企画、一体なんだったんでしょうか。
改めて考えてみても、いい年こいた野郎2人が(何故か)大晦日に(何故か)名古屋から地元京都までを(何故か)自転車で疾走してみるというだけのしろもんであり、趣意や意義なんてどこにもありゃしません。
名古屋-京都間を自転車で走る意味、その一部始終を撮影する意味、その本質が解き明かされることは永遠になさそうです。

1回目の2004年大晦日は、悪天候のために行程の約半分で撤退となりました。それほど残念ではありませんでしたが、大雪の中、はぐれたチャリンコ隊を徒歩にて捜索した撮影隊までもが全身びっちょびちょになり、着替えなど持たない4人のやる気はほいーんと霧散してしまいました。どっちにしろあの積雪ではどないしょもなかったわけですが。
そこからの帰路は、ワゴン車でもないふっつーの狭い車に自転車2台を無理から押し込み、ずぶ濡れのおっさん4人が無理から乗り込むという、乗車率200%の悲惨な状況でございました。その辺の画も撮れていればおもしろかったのですが、あん時はカメラを回す余裕など全然ありませんでした。みるみるうちにカサを増していく道路の積雪量にビビりまくり、全員での撤収作業に必死だったもんで。

そんなこんなで2004年の挑戦は惨敗に終わり、翌2005年の同じ日にリベンジを果たすべく、再び名古屋に向かったわけです。
なんのこっちゃない旅モノではありますが、五条坂の上から京都の街が望めた時には、それなりに感慨深くはありました。
2年越しで旅を完遂できるという喜び、これで帰って眠れるんだという安堵感、ひたすら頑張り続けたチャリンコ隊に対する畏敬の念。その瞬間には、そんな感情がぐるぐると渦巻き、なんとも言いようのない清々しい気分になったものです。眼下に広がる京都の街灯りが涙で潤んで見えない、なんてことは全くありませんでしたが。


スポンサーサイト

Trackback[0] Comment[0] ▲ Pagetop

東京砂漠・その3 [あの日あの時]

2006.10.18 Wed 19:59

てなことで東京に来た目的がなくなってしまったわけですが、ぶひぶひとクサっていても仕方ありません。せっかくJRのパスもあることですし、翌日からはぶらぶらと観光でもすることにしました。
東京タワー、秋葉原エレキ街、山谷ドヤ街、中野ブロードウェイ、大久保コリアンタウン、新宿ゴールデン街、麺屋武蔵(の行列見物)、他。
しかし1人で大都会withoutマネー、反り返るほどつまらんもんです。



 御徒町のおじさん
 真後ろの上の方に人影ぽいのが…



あくる朝、宅ちゃん宅に帰ろうと笹塚駅の辺りを歩いている時、「ムラちゃん!(私の呼び名)」と誰かに呼び止められました。?超アウェイでどゆこと?なんて不思議に思いながら声の方を見やると、そこには京都出身で現在は東京に棲む友人が、「こんなとこで何しとんねんおっさん」といった怪訝な表情で立っておりました。首都1000万の人の海の中、全くもってミラクルです。
この素敵なサプライズ然り、1年間でたった2週間しか販売されないJRの激安チケットにドンピシャ、テレビ取材のウルトラドタキャン、全ては神様のいたずらなのでしょうか。ちくそー!神なんていねーぞ!
......Read more

Trackback[0] Comment[2] ▲ Pagetop

東京砂漠・その2 [あの日あの時]

2006.10.15 Sun 15:52

10月9日、朝6時くらいの京都発の電車に飛び乗って、今さらリリー・フランキーの「東京タワー」を読み耽りながら、米原、大垣、豊橋、浜松、沼津、熱海で鈍行を乗り継ぎ、ようやく品川に辿り着いたのは午後の2時を回っていました。嗚呼、尻が痛い。

それから宅ちゃんが住まう、廃墟と見紛うかのようなイカすアパートまでほてほてと移動し、4時半にやって来るというTV取材クルーを待機。ライブ前のチャイロイさんも間もなくここまでやって来るはずです。

そして時刻は3時半、あと1時間です。チャイロイさん遅いねーなんて話していた時、宅ちゃんのオシャレでダッサい携帯電話が震えました。
「あ、どうもお世話になりますー」…「はい、はい」…「あ、そうですか、はあ」…「わっかりましたー、はい、どうもー」
そんな短い電話を終えた宅ちゃんの第一声は、「なくなったよーん」でございました。( ゚Д゚)ハァ?
聞けば、この土壇場で取材を鮮やかにキャンセルされたようです。略してドタキャン。うっひょーナメられてるー
おい、どうゆうことやねん、わしわざわざ関西から出張ってきとんねん、メジャーのテレビやからゆうて何やっても許されると思っとったら大間違いやぞド畜生め。企画が固まってからオファーせいっつーの!
まあ、東京に来たのはあんたの勝手でしょ?と言われればそれまでなんですが。いや、しかし納得いかん。

泣けると評判の東京タワー読んでも全く泣けませんでしたが、この時ばかりは本当に涙がちょちょ切れそうで、心に北風が吹き抜ける音が聞こえました。…はあ、わし一体何しに来てんやろ。

......To be continued

Trackback[0] Comment[2] ▲ Pagetop

東京砂漠・その1 [あの日あの時]

2006.10.14 Sat 09:05

先日、テレビの話が舞い込みました。某局ニュース番組の特集で、ポッドキャスティング、及びポッドキャスターを取材したいということで。
もちろん、HOUSE FRIGGER単体の取材ではなく、あらゆる素人ポッドキャスター達の撮影・収録風景的な画が欲しかったようです。
それでも、地上波民放で取り上げられるというのは、なにやら影響力がデカそうではございませんか。これは行かなくてはならんでしょう、そう、帝都・東京まで。

そこで移動手段を考えたわけですが、なんつっても面白いほどに貧乏な私、新幹線なんざ使っちゃいられません。なので高速バスを利用しようと思ったものの、どのバス会社も既に予約がいっぱいでした。何しろ、宅ちゃんから「東京に来ねえがー」という連絡を受けたのが本番2日前のことだったもんで。取材の申し込み自体がかなり急だったようです。

あーやっぱやめとこかなー、と半ばあきらめ気味で電車の値段を調べている時、「鉄道の日記念きっぷ」なるものを発見。10月1日から15日まで限定で、JRの全線を任意の3日間乗り放題@9180円のおトクなチケットです。うひょ、なんか知らんけど行きたい期間にごっつハマってる、きてる、きまくりやがってる、なんて尻尾ふりふりで大はしゃぎ。
もうひとりのハウスフリッガーズであるチャイロイさんも、その日は偶然にも東京でライブがあるようで、現地で合流できるということでした。
うむ。これは明らかに東京の精霊に呼ばれております。この機を逃してどうする、てなもんで、やっぱり上京することにしました。ようし行くぜー

......To be continued

Trackback[0] Comment[0] ▲ Pagetop

山陽道中単車栗毛(帰り) [あの日あの時]

2006.09.16 Sat 00:15

前回に引き続き、今回は広島からの帰り道での出来事でもと。全くもって全開にどうでもいい話なんですけどー

岡山市
バッドラックはいきなり訪れました。前触れもなく、がちょーんとチェーンが外れてしまったのです。わー
油塗れになりながらなんとか直し、オレもやるもんだねと、自賛しながら走り始めた3秒後、いとも簡単に再び外れてしまいまして。
今度はギアボックス?の方が外れたため、道具がなければ修復は不可能でした。どこかまで押して行こうにも、チェーンがギアにぐりぐり絡まって進みません。だー

ここどこやねん、どないすんねん、カネももうあんまあらへんぞ、これ帰れへんぞ、と絶望して途方に暮れていたその時、よく見ると目と鼻の先は南海部品のショップだったのです。ミラコー!神様ありがとう(泣)
......Read more

Trackback[0] Comment[6] ▲ Pagetop

Skin:Babyish
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。