housefrigger.blog43.fc2.com  


スポンサーサイト [スポンサー広告]

--.--.-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ▲ Pagetop

パパの歌 [雑記]

2007.10.09 Tue 22:46

最近実家に帰っていません。
私が棲息するのは京都の中京区というところで、実家は宇治(茶)です。道のりにして約15キロくらいでしょうか。ちょっと頑張ればチャリンコでも行けるような距離なのに、1年以上も帰っていません。

親父さんやお姉ちゃん、最近どないしてんねんろなーと思うことはあるものの、しょうもない日々のしょうもない生活に追われ、なかなか帰る切欠がありません。
そんな折、なーんとなく父親の名前をネット検索してみました。それになんの意味があんねんと思いながら。そして見つけました。

盲腸線紀行盲腸線紀行
(2006/08)
村上 義晃

商品詳細を見る

我が父、退職してからいつの間にやら本なんぞ出版しとったのです。同姓同名の別人かと思いつつ、いろいろ見ていってもどう考えても僕のとうさんなわけで。
ええー電車好きやったんかー全然知らんかったー写真も好きやったんかー全然知らんかったー、と全く未知の父の姿を垣間見、言葉では言い表せない、でも複雑でもない独特で涼やかな気分になりました。

「お父さんはみんな昔ワルだった」とは、若かりし頃のほんのちょいとした武勇伝を語るベタな父親像を表現した、(多分)糸井重里のなんかのコピー(曖昧)ですが、少なくとも私の父はそうではありません。思えば、私は彼の歩んできた半生のこともほとんど聞いたことがありません。

いつも本を読んでいて、いつも真面目で、いつもいつでも優しくて、ちょっと男前で、そして寡黙だった父。言葉じゃなくても伝えられる、教えてもらえることはあるものです。

とかほざきながらまだ一切読んでいないわけですが。
スポンサーサイト

Trackback[0] Comment[4] ▲ Pagetop

ぺろりんちょ [雑記]

2007.05.09 Wed 21:57

いやー書かなかったらとことん書かなくなるもんですね、結局4月の新規エントリはなしよでございました。しばらく更新しなかったことによって、ただでさえ少ない訪問者数がさらに減ってしまったようです。
いつの間にやら季節はすっかり新緑眩しい初夏です。みなさま、いかがお過ごしでしょうかーとかゆうてみたとこで、全ては虚しき独り言なわけです。最高です。

とゆうことで、こないだ久々にアクセス解析なるものをやってみました。なんだかんだ言って、どんなもんの人がここを訪れてるのかが気になってしょうがないんですね、ほんっと小さい男ですね。
なんてぐずぐずゆうておりますが、ここ、fc2のアクセス解析では、検索エンジンからやってきた人のその検索ワードも知ることができます。そしてその大半は「HOUSE FRIGGER」だったりします。
いやいやーHOUSE FRIGGERもそれなりに認知されてきたんじゃのうなんて、やっすいメジャー感に悦に入っていると、その検索ワードの中に「ぺろんちょ」と「ホモ」という、どうしようもない単語の複数語検索でここにおいでになった方がいらっしゃいました。アッー!
しかしなんでそんなキーワードでわしとこがヒットすんねんと思い、実際にググってみたところ、見事にセカンドヒットだったりして。

しかし、ぺろんちょ&ホモという2語で、ネットジプシーの彼(野郎と断定)は一体何を知りたくて一体どこに辿り着きたかったのでしょうか。もう気になって気になって、この夜はぐっすりと眠れました。


夏の使者








Trackback[0] Comment[0] ▲ Pagetop

おっさん人形 [雑記]

2007.03.28 Wed 10:37

どうもどうも、ここ最近の劣化したミキティに激しい劣情をおぼえている山村です。

こないだ深夜3時頃、TSUTAYAに大人ビデオを返却した帰りにチャリンコでふらふら走ってたときのこと、ひと気のない細こい路地裏で、同じくチャリンコで走っていた60がらみのちいこいおっさんがおりました。なにやら携帯電話で話しながらチャリにまたがるおっさんと、走行スピードが完全にシンクロしていた私、向かう方向も同じだったため、しばらく仲良く並走となりました。
僅か2メートルおとなりにいる私の存在など全く意にも介さず大声で話し続けるおっさん。その話し声は、嫌でも自然と耳に入ってきます。なんとなく気を使い、ぱっと立ちこぎでその場を離脱しようとしたその瞬間、離れぎわに聞こえたおっさんの一言。

「うひうひょうひ、おっしこしてうんこしてたんちゃうん?うひうひょ」

文字にすると全くおもしろくありませんが、本当に心の底から嬉しそうに話していたおっさん(小型)、かなり印象に残りました。なんてったって、あんまし更新しないブログに書くくらいですもの。
しかしあんな時間に一体誰と一体何を話していたのでしょうか。もう気になって気になって、この後はぐっすりと眠れました。

Trackback[0] Comment[0] ▲ Pagetop

パラフィリア [雑記]

2007.02.27 Tue 01:39

最近、というより前々から思っていたんですが、人のタイプをS(サド)とM(マゾ)に二分するのが三度のメシより好きな人がいますが、あれって何なんでしょうか。
「あんたてS?それともM?」しらんわ。

いわゆるサディストというのは、他人に痛みや苦しみを与えることによって喜びを見出す、言わばただの変態です。一方マゾヒストは、その苦痛を享受し、それを快楽に昇華することのできる人間であり、これまたただのド変態と言えます。そんなやつぁあそうそうおらんだろうと。

ただMに関しては、身体的・精神的にかかわらず、人間はあまりにも過酷な条件下に置かれた場合、脳内麻薬をぶりぶりに分泌して恍惚の人となり得ることもあるんでしょうし、そこいらをそれなりにコントロールできるとなれば理屈ではわからなくもありません。わかりませんけど。

なんとなく人を虐げる感じが心地良い、なんとなくいじめられる感じが心地良い、そんな曖昧でユルい性格差を、SとMにばちこーんと分けているということなのでしょう。なんや極端な話ではございませんか。

Trackback[0] Comment[2] ▲ Pagetop

さて [雑記]

2007.02.14 Wed 02:51

最近あまり書いていなかった我がカスブログですが、本体の動画更新も長らく滞っております。ひょっとして楽しみにしている方がいらっしゃるなら大変申し訳ない話です。

しかしかれこれ2ヶ月ですか。編集・宅ちゃんが本業で忙しく、動画いじりに時間がなかなか割けないんでしょう。メインアクトのチャイロイさんも、ドカドカうるさいロックンロールバンドの一員として、ギグだなんだと全国津々浦々をうろちょろしとるようですし。
みんな日々生活に追われているということですかね。かく言う私は地蔵のように家でじっとしておるわけですが。消費カロリーが少なく済み、大変経済的です。

ところで温暖化だのなんだのいってもやっぱり冬は寒いですね。さっさと2年前から割れたままのサッシのガラス入れ替えなきゃ。

ヒデオ










Trackback[0] Comment[2] ▲ Pagetop

Skin:Babyish
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。