housefrigger.blog43.fc2.com  


スポンサーサイト [スポンサー広告]

--.--.-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ▲ Pagetop

山陽道中単車栗毛(行き) [あの日あの時]

2006.09.14 Thu 19:10

9.8-10、宮島満月祭。先日のエントリーにも書きましたが、あほみたいにバイクで京都から行ってきたわけです。で、その道中にあったことでも綴ろうかと。興味ない?あらそうですか。

京都を発ったのは7日の正午。兵庫県ではかなり雨に降られましたが、日が暮れるまではわりかし順調でした。問題は、日没と同時くらいに突入した岡山県からです。目は排ガスでやられ、疲労もだんだんと蓄積してまいりました。嗚呼、尻が痛い、腕がつる。

岡山県
最高時速50キロ、少しでも上りになると40キロも出ないようなしょうもないバイクでバイパスに乗ってしまい、強風が吹き荒ぶ中、ごうごうぶっ飛ばす大型トラックにがんがん煽られーのでそりゃもう最悪でございました。
しかも大部分の区間はやたらと狭い一車線で、先に行かせようにも中々上手くよけれないのです。特にトンネルなんか悲惨です。迫る壁と迫り来るトラックに挟まれ、ストレスのあまり吐きそうなったりして。

バイクのコントロールに必死で、下道に下りれる数少ないチャンスをことごとく逸しながら、結局は広島の尾道まで高速道路のようなバイパスを走って行くハメになりましてん。
凶悪なトラックからは、ぶっぶっぶっぶと1万回くらいクラクションを鳴らされたのではないでしょうか。うるへー!とか叫んでも、そんな声は誰に届くこともなく、どんよりと曇る夕闇の空に虚しく響くだけなのでした。

......Read more
スポンサーサイト

Trackback[0] Comment[5] ▲ Pagetop

Skin:Babyish
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。