housefrigger.blog43.fc2.com  


スポンサーサイト [スポンサー広告]

--.--.-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ▲ Pagetop

パパの歌 [雑記]

2007.10.09 Tue 22:46

最近実家に帰っていません。
私が棲息するのは京都の中京区というところで、実家は宇治(茶)です。道のりにして約15キロくらいでしょうか。ちょっと頑張ればチャリンコでも行けるような距離なのに、1年以上も帰っていません。

親父さんやお姉ちゃん、最近どないしてんねんろなーと思うことはあるものの、しょうもない日々のしょうもない生活に追われ、なかなか帰る切欠がありません。
そんな折、なーんとなく父親の名前をネット検索してみました。それになんの意味があんねんと思いながら。そして見つけました。

盲腸線紀行盲腸線紀行
(2006/08)
村上 義晃

商品詳細を見る

我が父、退職してからいつの間にやら本なんぞ出版しとったのです。同姓同名の別人かと思いつつ、いろいろ見ていってもどう考えても僕のとうさんなわけで。
ええー電車好きやったんかー全然知らんかったー写真も好きやったんかー全然知らんかったー、と全く未知の父の姿を垣間見、言葉では言い表せない、でも複雑でもない独特で涼やかな気分になりました。

「お父さんはみんな昔ワルだった」とは、若かりし頃のほんのちょいとした武勇伝を語るベタな父親像を表現した、(多分)糸井重里のなんかのコピー(曖昧)ですが、少なくとも私の父はそうではありません。思えば、私は彼の歩んできた半生のこともほとんど聞いたことがありません。

いつも本を読んでいて、いつも真面目で、いつもいつでも優しくて、ちょっと男前で、そして寡黙だった父。言葉じゃなくても伝えられる、教えてもらえることはあるものです。

とかほざきながらまだ一切読んでいないわけですが。
スポンサーサイト

Trackback[0] Comment[4] ▲ Pagetop

おっはー [会議室]

2007.10.03 Wed 21:56

どうも、HOUSEFRIGGERの良心、山村ヤス夫です。
何の意味も愛着もないこのハンドルネーム、そんな名乗りだったことを完璧に忘れておりました。何しろ4ヶ月ほども無更新だったもんで。

この4ヶ月の間にわたくしは、毎年恒例の一人ぼっちの誕生日を迎え、30ファイブとなりました。本格的な人生の後半戦に突入です。サッカー選手でいえば、ジダン、リバウド、フィーゴ、ネドベドとタメ年の、バロンドールでゴールデンエイジな私。栄光の天文学的な格差にのけぞります。



さらにここ半年ほどは、HOUSEFRIGGER本体の動画更新もご無沙汰の音沙汰であり、サイトはほぼ死に体の状態です。
おいニョロニョロ(HFのエディター・宅ちゃんの蔑称)、貴様一体なにしとんねん。撮りためた映像群が褪せて使えんようになってしまうやないか。まあそもそも使えるようなしろもんなどなかったわけですけども。

しかし実際、東京でスケとラヴ溢れる生活を送りながら仕事に勤しむ宅ちゃんと、地元の京都に篭もりながら手淫に耽るチョンガーニートな我々の、あらゆる意味での果てなき距離感では、新作撮影はおろか打ち合わせすらままなりません。
我らハウスフリッガーズ、このままフェイドアウトしてしまうのでしょうか。うひょひょー

本日の季節外れ:とうもろこしは収穫後、急速に甘味が失われていくので出来るだけ早くいただいちゃいましょう!

Trackback[0] Comment[0] ▲ Pagetop

Skin:Babyish
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。